カードローンの融資限度額

お金カードローンの広告やHPには「最大500万円融資可能」などの表記がされています。
カードローン初心者の人は「このカードローンなら500万円まで借りられるんだ」と思ってしまいがちです。
でもちょっと待った。
そう簡単に高額なお金を借りられることはできないんですよ。
 
融資限度額というのは、金融機関が個人に融資する最大上限金額で、その上限額以内で個々人の利用限度額というものが決められます。
その利用限度額は法律および各金融機関の規定にしたがって決められるもので、審査によって確定されます。
 
ではどのような方法で利用限度額が決定されるのかお伝えしましょう。
 
 

利用限度額が決定されるポイントとは?

一つは総量規制という法律に該当するかどうかです。
 
この法律は貸金業を営んでいるカードローン会社や信販会社(クレジットカード)などに適応されるルールで、利用者の年収3分の1以上は融資できないというものです。
 
使いたいと思ったカードローンが消費者金融や信販会社だとこれが該当されるので、まずは本人の年収の3分の1の金額が上限となります。
ただし、銀行は総量規制の対象外なのでこのルールは適用されませんので、借りれる額は広がります。
 
次にカードローン会社の規定で判断されることです。
カードローン審査は申し込み者の職業や勤務形態、勤続年数、年収、などの属性と、現在の借入状況や過去の返済状況の記録など、個人信用情報から審査されます。
 
お金を貸す側としては、「必ず利息も含めて返済してくれる人物」に融資しますので、これらの情報から、「この人ならこれぐらいの額ならば返済能力あり」と判断し、審査通過となります。
 
その時の「これぐらいの額」が利用限度額となるのです。
 
いろいろと説明しましたが、簡単にまとめると、各カードローンの「最大〇〇万円融資可能」というのは、○○万円がそのまま借りられるのではなく、○○万円以内で自分が借り入れできる金額が設定されるということです。

このページの先頭へ