生活費が足りない時、カードローンが便利です

生活費カードローン急な冠婚葬祭や突然の物入りなど、いろいろなことで出費が多くなる時期ってありますよね。

大切な事柄にお金をかけてしまって、気がつけば今月の生活費が赤字に…という場面ありませんか。
そんな時は、カードローンで乗り切ってみてはいかがでしょうか。

カードローンは住宅ローンや教育ローンと違い、使用用途を問わず使えるお金が借りられるため、生活費の足りない分を少し借りるという事も出来ます。

近頃のカードローンの多くは、即日審査、即日融資でスピーディー対応になっています。
早いところでは最短1時間審査のところも出てきています。

申し込みや手続きもWEBですべて行える「WEB完結」サービスもあって、わざわざ店頭に出向く必要もありません。
なので人目にもつかないので、生活費を借りることを恥ずかしく思うこともないのです。

利用の際も限度額内であれば自由に借り入れや返済もできるので、「ああ、今月ちょっと厳しいなあ」と思ったときにキャッシング、給料が入ったらすぐに返済ができます。

少額を給料日までに借りたいなど、短期間での借り入れを希望する場合は、初めての利用なら無利息期間があるカードローンがおすすめです。

生活費が足りない!と焦った時は、あなたの都合に合ったカードローンを上手に利用しましょう。


生活費ローンはどこで借りるのがいい?

考える女性何かにつけて便利なカードローンですが、消費者金融系や銀行系・信販系といろいろとあって、迷っている方もおられるかと思いますので、大まかな特徴をお伝えしますね。

消費者金融系は、金利は高めですが、対応がスピーディー(審査通過率も高め)でサービスも豊富。
初めての方なら30日間無利息を設けているカードローンもあり、生活費のために少額を短期間だけ借りたいという方は、お得にお金を借りることができます。

急ぎのキャッシングをしたい方や、すぐに返済できる方には便利です。


銀行系カードローンは、審査が厳しいといわれていますが、消費者金融に比べ低金利で、商品によっては即日融資可能なものもあります。銀行という安心感もありますよね。

また、銀行系のカードローンは年収の3分の1までしか借り入れができない総量規制の対象外となっているため、専業主婦の方でも借り入れができます
家計を預かっている主婦の方にとっては、とてもありがたいですね。


信販系は、消費者金融系と銀行系の間に位置している・・とお伝えすればイメージできると思います。
金利もそこそこ、適度なサービスも用意されています。

さて、何はともあれご自身の生活スタイルにあったものを選びましょう。
金利やスピードはもちろんですが、「使いやすい」ことが一番だと思います。
選び方によって、生活ローンは生活をするための力強い味方となること請け合いです。

金利ゼロで借り入れOKの生活ローン

すでにご存じの方もおられるとは思いますが、金利ゼロで借り入れOKなカードローンが増えています。
テレビCMや広告でも打ち出していて「金利0円」「利息0円」等がその金利ゼロのカードローンになります。

この金利ゼロというのは、「一定期間であれば金利がかからない」という魅力あるサービス。
ただし、このサービスを利用するための条件については各社様々です。
どのような点が異なってくるのかというと…

●無利息である日数が異なる
30日間のところが多いですが、それ以外に7日間や180日間などが設定されているところもあります。

●限度額の上限
無利息期間に応じて限度額の制限を設けているところがあります。

●初回利用なのかリピーターか
多くは初回利用者のみ対象としていますが、一部のカードローンはリピーターでも無利息サービスが使えるところがあります。

●サービスの利用回数
初回利用者限定のところは、1回のみとなりますが、リピーターでも無利息サービスが利用できるところは、複数回の利用が可能となっています。

●無利息期間の開始日の違い
これも各金融機関によって微妙に違いがあります。

・借入れ日からカウント
・契約日の翌日からカウント
・初回出金の翌日からカウント
などとなっていますので、開始日については間違えないように気を付けましょう。


金利ゼロで借りれるカードローンは、余分な負担(出費)をせずに、キャッシングできるので、非常に便利で魅力あるサービスです。
ただし、一定期間を1日でも超えてしまうと金利が発生しますので、すぐに返済できる状況かどうかをしっかりと見極めて利用するようにしましょう。

生活費として使える銀行系フリーローン

「銀行系フリーローン」という言葉。
WEB上ではよく見かけますが、一体どういったものなのか…ハッキリとしたイメージができないでしょう。

結論から簡単に言いますと、「銀行の傘下にある貸金業者(消費者金融)が取り扱っているローンのこと」とご理解いただければよいかと思います。

「銀行系」という表現は、系列のことを指しています。
様々な企業が銀行と経営合併したり資本提携したりと銀行グループに入って経営を進めています。
それらの企業を「銀行系」という表現でまとめています。

「フリーローン」とは用途自由のローンのことです。
住宅ローンや自動車ローンのように使い道を決められておらず、利用者が好きなように使うことができます。

これらの意味合いを総合させると「銀行系フリーローン」は「銀行の傘下にある貸金業者(消費者金融)が取り扱っているローン」という事になるのです。
(消費者金融で○○銀行グループという表示があるところは銀行系になります。)

銀行系フリーローンの特徴としては次の通りです。
・無担保、無保証人でOK
・使途自由
・専用のカードを利用して融資を受ける
・利用限度額内であれば何度でも借入れできる

各企業によって、サービスは異なりますがWEB申込みが主流となっており、24時間365日、いつでもどこからでも申込み可能になっています。
更に、最短即日融資が可能であったり、一定期間無利息のサービスを提供しているところもあります。


「銀行系フリーローン」は「カードローン」とも称されることもありますが、銀行では別途「フリーローン」という商品(追加融資をしてもらえず、一旦借りたら返済するのみのシステム)もありますので、間違えないように気をつけましょう。

このページの先頭へ